ドライアイとコンタクトレンズの関係

コンタクトを着けたまま使える目薬


ドライアイという言葉がだいぶ定着してきたため、薬局やドラッグストアなどでは、ドライアイ専用の目薬というものも見かけるようになりました。

ドライアイに効く目薬の中にはコンタクトレンズを着けたまま使うことができるというものもあり、とても便利です。コンタクトレンズを着けると更に目の乾燥が進んでしまうため、目がかゆくなったり、ショボショボしたりと不快な症状に悩まされることも少なくありません。そんな時にドライアイ専用の目薬を使うと目がすっきりして快適です。

ただ、長期にわたって目薬を使い続けると、防腐剤などの影響で目の状態が更に悪くなることもあります。自己判断で目薬を使うことはできるだけ避け、ドライアイがひどい場合はコンタクトを使い続けても大丈夫かどうか医師に相談しましょう。
 

コンタクトを着けると痛い


コンタクトを着けると目が痛いと感じることはありませんか?コンタクトを着けた時にゴロゴロした違和感があったり痛みが合ったりする場合、ドライアイが疑われます。中でもソフトタイプのものは目全体を覆ってしまう他、目の水分を吸収してしまう特徴から、ドライアイを悪化させやすいと言われています。痛みを感じる時にはコンタクトの使用をすぐにやめて眼科を受診しましょう。
 

コンタクトが頻繁にずれる


コンタクトが頻繁にずれる場合も、ドライアイが影響していることが考えられます。ハードタイプに比べてソフトタイプのコンタクトはずれにくいものですが、そのソフトタイプのコンタクトがずれるというのは、目に何かの異変が起きていると考えられます。その異変の多くが、ドライアイです。ドライアイになると角膜を保護できなくなり、傷つきやすくなります。すると角膜に凹凸ができてしまい、コンタクトがずれやすくなってしまうのです。
 

ドライアイの人におすすめのコンタクトレンズとは


コンタクトレンズはドライアイの症状を悪化させるため、あまり装着をすすめられていませんが、どうしてもコンタクトが必要な場合もあります。そんな時にはハードタイプのコンタクトレンズがおすすめです。ソフトタイプのように涙を吸収することがなく、酸素も通しやすいのでドライアイの人でも目の状態を悪くしにくいという特徴があります。

ドライアイになると目にトラブルが起こりやすくなるため、衛生面でも注意が必要です。できれば1dayタイプの使い捨てコンタクトがオススメなのですが、ハードタイプの使い捨てコンタクトはあまりないので、毎日丁寧に洗浄し、清潔な状態を心がけるようにしましょう。